• 2017.9.19

薬局で販売されている鎮痛薬の種類が限られている理由

薬局

痛みを緩和したいなどの理由で鎮痛薬を薬局で購入している人が多いです。
ただ、販売されている種類はかなり限定されています。
多少は緩和されることもありますが、医師の処方箋が必要な鎮痛薬はまだたくさんあります。

医師の処方箋が必要な鎮痛薬は医療用医薬品であり、薬局で販売されている一般用医薬品とは違います。
大きな違いは成分の量です。
医療用医薬品は医師が診察した上で、最も患者に合っていると思われる薬を処方してもらえます。
だから、やみくもに飲んで良いわけではありません。
有効成分が多く配合されている反面、副作用のリスクも大きいです。

一般用医薬品の場合は、リスクが小さくなっています。
幅広い人が薬局で手軽に手に入れられるのでとても便利ですが、医療用医薬品と比べると有効成分が少なくなっており、副作用もあまり大きくならなくて済むようになっています。
一般用医薬品と言っても薬事法によって第一次から第三次まであります。
第一次医薬品はリスクが比較的高くなっているために、必ず薬剤師が説明しなくてはなりません。

今では、医療用医薬品と同じ成分の一般用医薬品も販売されることがありますが、第一次医薬品として販売されており、薬剤師が説明しなくてはならないように安全性に配慮されていることがほとんどです。
有効成分が多く入っていますから、第二次、第三次医薬品よりも効果が期待できる反面、副作用のリスクも考えた上で鎮痛薬を服用しなくてはなりません。

医師は一人一人の体に一番合っているかどうかを判断してくれるので、有効成分が多く含まれており、リスクが高い医療用医薬品を処方しても問題がないことがほとんどです。
人によって体質が全然違いますから、同じ薬であっても効き方に違いがあります。
人によっては副作用が出る恐れもあります。
だからこそ、効き目が強い医療用医薬品は簡単に薬局で販売できません。
患者のリスクを考えた上で薬局で販売される鎮痛薬の種類を限定しています。

個人輸入代行は処方箋なしで医薬品を入手出来る

医師の処方箋がないと手に入らない医療用医薬品をもっと手軽に手に入れたいと思いませんか。
日本の薬事法では薬局で販売できない鎮痛薬が個人輸入代行を利用すれば、医師の処方箋がなくても手に入ります。
それぞれの国によっても薬局で販売されている鎮痛薬が違うためです。

一度、病院へ行って医師に処方してもらったものと同じ鎮痛薬を個人輸入代行を利用して購入している人はたくさんいます。
忙しい人も通販サイトと同じような感覚で個人輸入代行サイトが利用できるのでとても便利です。
日本語しかわからなくても問題ありません。
すべて日本語で表示されているからです。
注意事項なども日本語で書いてあるのでスムーズに購入できます。

まずは、個人輸入代行サイトを開き、鎮痛薬を検索します。
いくつもの種類が表示されるので、自分が利用したい鎮痛薬を選びましょう。
まとめ買いをすると割り引かれることも多々あります。
いつも飲んでいる鎮痛薬ならば、まとめ買いのほうがお得です。

レビューも掲載されていますし、鎮痛薬の説明も書いてあるので念のために目を通しておいてください。
そして、カートに入れて必要事項を入力すれば、注文は完了します。
後は、届くのを待つだけです。

個人輸入ですから、通常の通販サイトほど早く届かないと思ってください。
少し時間がかかることを考えて早めに注文しましょう。
外国製の鎮痛薬であっても、日本語の説明も入っているので正しく服用してください。

医師の処方箋がなくても、日本では医療用医薬品に指定されている鎮痛薬を購入できます。
通販サイトと同じ感覚ですから、難しいこともないでしょう。
むしろ、安く手に入れられるでしょうから、個人輸入代行を利用してみませんか。

関連記事

ページ上部へ戻る